効率よく脱毛するには・・・

毛はすべての毛穴から一斉に生えてくるわけではありません。

100個毛穴があるとすると、そのうち毛が生えているのは20〜30個くらいです。

生えている毛にも「毛根と毛が繋がっている状態(成長期)」と「抜けようとしていて、毛根と毛が繋がってない状態(退行期)」の毛があります。残る80〜70個の毛穴は、毛が生えてない「休止期」で、毛が生えてくる準備をするため毛穴が休憩している状態です。

それぞれの毛は、成長期→退行期→休止期を繰り返しており、3〜4カ月ペースで生えかわっています。数カ月かけて成長した毛は、やがて抜けて行くため、体毛が何十センチも伸びるということはありません。

ただし、髪の毛は成長期の期間が長く、3カ月〜1年くらい成長期が続きます。
このため、髪の毛は長くのびることができるのです。

毛が生えてくる組織を壊すことで、毛が生えてこなくなります。
脱毛サロンや医療レーザーの光は、この「毛が生えてくる組織」を壊す力があるのです。

ただ、この光は「黒いものだけに反応する」という特徴があります。

つまり、毛の黒い部分を伝って、毛が生えてくる組織まで到達し、組織を破壊するのです。毛が生えていて、毛の生えてくる組織と繋がっている「成長期の毛」にのみ脱毛の光は効果があるということで、毛が生えていない状態や抜けようとしている毛に当てても効果がありません。

これは脱毛サロンの光も、医療レーザーの光もどちらも同じです。

トップへ