基本的な流れ

どのサロンも、施術は個室で行います。

全身脱毛の場合は、着ているものを全部脱いで、紙パンツとラップタオルを巻きます。
照射の光がまぶしいため、目元はタオルやゴーグルで覆われます。

まずジェルを塗ってから機械を当てます。
ジェルは肌を保護する働きがあり、ジェルのおかげで痛みをやわらげることもできます。
サロンによっては2人掛りで施術するところもあります。

施術室の様子

機械が当たった時、ワキやVIOといった毛が濃い部分はぱちんとする痛みを感じることもありますが、毛が減って薄くなってくるとほとんど痛みは感じなくなります。

基本的に施術しているときは静かで「次はこちらの足を当てます」といった事務的な会話しかしません。全身脱毛の場合、1時間半〜2時間半くらい時間がかかります。

最後はジェルをきれいに拭き取って、保冷剤や保冷ジェルで冷やして、仕上げのローションを塗って終わりです。身体が冷えますので、なるべく厚手の衣類を着て行き、温かい飲み物を持参していくと良いでしょう。

施術後、つぎの予約を取って帰りますが、取れない場合は帰宅後電話で予約しましょう。

トップへ